とおりすがりの人たち。

公共交通機関を使って通勤していると、
いつも見かける人なんかが自然とできるようになりますね。
そんな特定の人たちは、いつもの時間に見かけてホッとしたり、
朝見かける人を帰りの地下鉄でも見かけたりして、オヤっと思ったり、
意外と生活の一部を成していたりします(^^)

私も公共交通機関を使って、比較的長い時間をかけて通勤しており、
よく見かける人も自然にできるのですが、そんな生活を割りと長く続けているので、
何らかの事情、たとえば引越しや生活パターンの変更、朝礼の時間が早くなった、
雪の季節なので早めに出ないといけない・・・などなど、そんな些細な理由で、
いつも見ていた人にぱったり会えなくなってしまったりします。
そんな時、なんとなく親しみを感じていた人たちが、
実は名前も知らない、何をしている人かも知らない、
行きずりの人たちだったことに、遅まきながら気付くのです(笑)



朝、地下鉄に向かう時にすれ違いで歩いてくる、イチロー似のお兄さん、
地下鉄の中で文学書片手に読書にいそしむ通勤電車の彼、
バス停に向かう途中にたまに出会ってた、散歩に連れてきてもらっている斜めの犬、
すごい背が高いんだけど、ズボン丈が中途半端で靴下の見え方が微妙な内股メガネ男子、
いつも必ず隣の人にもたれかかるくらい斜めにかしいで寝こけているだらしな目女子、
エトセトラ、エトセトラ・・・。
この何年かで記憶に残る人たちは少なくないけれど、
何らかのこちら側または向こう側の要因で、すっかり見かけることもなくなってしまった人も、
多いものです。
私も誰かにそんな風に思われているのかしら(笑)


いつか、どこかでまた出会って、言葉を交わす機会なんてあるのかな・・・?
などと空想してみると、ちょっと楽しい(^^)
[PR]
トラックバックURL : http://chocolat13.exblog.jp/tb/14931484
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chocolat_13 | 2011-02-18 00:35 | ひとり言 | Trackback | Comments(0)

カフェと古楽と着物好きの   お気楽ガンバ弾きの日常です。 


by chocolat_13
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31