悲しい曲。

フランス音楽では、亡き人を偲んで作る「トンボー」という種類の曲がある。
有名どころでは、「クープランの墓」の誤訳で通ってるラヴェルの曲。
マレのヴィオル曲には、4つのトンボーがあるそうだ。
「サント・コロンブ氏のトンボー」、「リュリ氏のトンボー」、「メリトン氏のトンボー」、
そして「マレ・ル・カデのトンボー」
先日のフェスティバルの公開レッスンでこの話を聞いたのだけど、講師の先生は、
「マレ・ル・カデのトンボー」のことを「とても悲しい曲」とおっしゃった。

マレの師匠である「サント・コロンブ氏」と「リュリ氏」のトンボーは超有名曲で、
色んな方の録音がたくさん手に入る。
「メリトン氏」のは、その日の演奏会の演目だった。
「マレ・ル・カデ」のは聴いたことが無かったし、曲の存在も何となく聞いた程度だったので
このコメントには大いに興味をそそられた。 (と見えて、メモに曲名が書かれていた)

先日、探し物をしていてマレのCDをひっくり返していて、この曲の入ったCDを見つけた。
早速聴いてみたのだが・・・。

"Marais le Cadet" とは、「若いマレ」 つまり息子マレのことだ。
自分の息子を亡くしたマレが、彼のためにトンボーを作ったということ。
始めから終わりまで、ただただ悲しい。
他のトンボーに比べて、格段に悲しみ一色な感じだ。
しかもとても生々しい悲しみ。
サント・コロンブ氏やリュリ氏のトンボーは、とても整然として美しく透明で、
音楽の体裁が整っている、という印象がする。
でも、こちらのトンボーは感情の嵐、感情の渦、という感じだ。
月並みだが、マレはこの曲を書いていて、本当に悲しかったんだろうなぁ、と思う。
肉親を亡くした時の心情。
慟哭。 むせび泣き。 思い出しては唇をかむ。 胸の奥がうずく。。。
そんな状況が目に浮かぶよう。
マレがこんなに感情をむき出しにした曲は珍しいのでは、と思う。

人間マラン・マレに触れたような気がして、今までよりもマレという人に親しみを感じた。
[PR]
トラックバックURL : http://chocolat13.exblog.jp/tb/5044207
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by flauto_diritto at 2006-06-18 00:17
マレ次男のためのトンボ、は中野さんのCDにも入っていましたね。
良い演奏なのに、現在市販されていないのが大変に残念です。
Commented by chocolat_13 at 2006-06-19 01:32
♪flauto_diritto さん、中野先生のCDに入ってたんですか~! 
それは是非とも聴いてみたかったです(>_<) 残念~!!!
Commented by eri at 2006-06-19 11:34 x
「トンボー」って、そういう意味だったんだ...
何だろう?と思ってました。
解説ありがとうございます。
悲しい音色はガンバに合いますね。チェロには出せないな...
Commented by chocolat_13 at 2006-06-19 22:57
♪eri さん、私もガンバやるまで知りませんでした~。
そういう意味だとわかれば、「クープランの墓」って、とんちんかんな訳ですよねぇ。
悲しい音色、ガンバは本とによく合いますね。
音色が透明感があるから陰鬱じゃないからりとした悲しさというか。。。
そういう音色が出せるようになりたいものです。
Commented by Rosieryy at 2006-06-21 22:04 x
「Tombeau pour Marais le Cadet」、
私も、Maraisの人間らしさを感じとれる一曲だと思います♪
さぞ辛かったのでしょう>_<想いが強い。
思い出して、昨夜引っ張り出して聴いていました^^

Commented by chocolat_13 at 2006-06-22 00:36
♪Rosieryy さんもそう感じられましたか~。
何か、この曲を聴いた時、身内の死に立ち会った時の生々しい感情を
思い起こしてしまいました。
それだけ真の感情に基づいてるんだなぁ、と思った次第です。
by chocolat_13 | 2006-06-18 00:01 | 音楽 | Trackback | Comments(6)

カフェと古楽と着物好きの   お気楽ガンバ弾きの日常です。 


by chocolat_13
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30