2005年 05月 03日 ( 2 )

Sainte Colombe 飲み会 2

b0057825_014416.jpg
私は何でも形から入る方なので(笑)、いつもよりも値の張るワインを飲む、となれば
きちんとしたグラスで飲みたい!などと思ってしまう。
うちには、白ワインに良さそうなフルートグラスはあるのだが
赤ワインを飲むのが似合う大き目のワイングラスはない。
そこで、フランス雑貨屋「キャトル・セゾン」で、ゴブレットグラスを2個購入。
ワイングラスの中でも、一番大きくてゴージャスな感じ。
グラスが大きいのに脚が細いし、作りはとっても薄くて繊細だし
取り扱いに気を使いそう。。。 でも、これが一番私のイメージ通りだったのだ(^-^)

その日は姐さんが、ダンスの個人練習会をしてから来る、というので、夕方4時頃から始めることに。
私は、それまでに何かつまめるものを・・・、と思い リゾットでも作ろう、と思い立つ。
こういう時にはすごく凝り性な私。b0057825_0274875.jpg
前日から野菜なんかを仕込んでいたのだけど、仕事の疲れがどっと出て
早々に寝てしまった。
う~ん、前日夜にブロードを仕込んでおくはずだったのに、これは誤算。
結局、朝から部屋の掃除などに追われ(前々からやっとけばよかったと激しく後悔・笑)、
思ったような時間配分ができなかった×××
そこで、リゾットは諦め、焼きナスのオリーブ油あえとキノコのソテーという、
簡単オードブルメニューに変更(笑)
姐さんが、デパ地下でお惣菜を調達してきてくれるとのことだったのだが
パンもたくさん調達してきてくれた。
私も用意してたので、酸味のきいたドイツパンやベーグル、はちみつ風味のセーグルなど、とっても充実。
とりあえず、始めは安物の白ワインで、お疲れ様の乾杯~!

いやはや、それにしても楽しかった(^-^)
おうちで飲むのって、やっぱりお店で飲むのとは別な気楽さがある。
二人とも飲むのは好きだし、飲んでホロ酔い加減で好きなことをしゃべるのが大好き(笑)
決して量を飲めるわけではないのだけど、飲んで気分よくしゃべるのが好きなんだなぁ。
今回は、とにかく始めから最後まで古楽話に終始した。
久しぶりだったし、ネタがつきない。 面白かった~。

サント・コロンブ飲み会なので、彼に敬意を表してBGMはサント・コロンブ氏の音楽からスタート。
Wieland Kuijen と Jordi Saval という最強デュオで収録されたサント・コロンブ氏のコンセール集。
姐さんがポツリと一言、「し・・・、渋い。暗い」 長調の明るい曲も少しはあったのだけどねぇ(笑)
しっとりしすぎたので(笑)、その後はマレやリュリなど、主にフランスもので。
肝心のワインの味はというと、やはりさすが「サント・コロンブ」 なんだか不思議な味でした。 
きつくないのに強いというか、土くさいような 少し風変わりな感じもするし、独特。。。
サント・コロンブの音楽に合うような気がしたけど、気のせい??(笑)
もしかしたら、もう少し熟成させてから飲んだほうがいいワインなのかな?

楽しく飲んでしゃべって、オリーブやチーズを食べて、最後はアイスでしめて(笑)
はぁ~、あっという間。 楽しかった。
姐さん、またお付き合いくださいませね(^-^)
[PR]
by chocolat_13 | 2005-05-03 01:00 | 食べもの・お酒 | Trackback | Comments(2)

Sainte Colombe 飲み会

1日からお休み。 
連休初日はかねてから予定していたバロックダンサーの姐さんとの深酒飲み会(笑)
何でこの飲み会にいたったかというと、私がちょっと気になるワインを見つけたからだ。
その名も"CHATEAU SAINTE-COLOMBE"
何と、サント・コロンブの名を冠するワインだ。 2001年の赤。
サント・コロンブと言えば、言わずと知れた17世紀のガンバの名手。
かのマラン・マレの師匠としても名高い。

b0057825_22475330.jpg
←コレがそのワイン。
サント・コロンブ氏を偲んで作られたかというと、残念ながらそういうわけではなく、
どうやら「サント・コロンブ」という地域がフランスにあるらしい。
ワインには"Grand Vin de Bordeaux" とあるので、ボルドー地方。
フランスの地図を調べてみたら、"Sainte-Colombe" という地名で15箇所もヒットする。
割とポピュラーな地名のようだ。 ボルドーの近くだけでも2つある。
原田宿命さんの著書「フランス・ルネサンス舞踏紀行」の中で、「ビエーヴル川の緑陰」と題して、サント・コロンブ氏について1章が割かれている。
そこには、「ブルゴーニュかリヨン地方の小貴族の流れの人」、「リヨンの南のサント・コロンブ・ド・ヴィエンヌの出身かともいわれる」とあるので、ワインの産地とは別のサント・コロンブが縁のようだ。

ともあれ、「サント・コロンブのワイン」とあれば飲んでみたくなるもの。
しかしこのワイン、私が普段購入するようなワインの数倍のお値段だ(^^;)
馬鹿高いわけではないのだが、私的には、正直そんなに出すほど味がわかって飲めるとも思えないし・・・、と 
なかなか購入できずにいた。(普段、いかに貧乏かがわかるので、お恥ずかしい限り。。。)
何かの折に、友人のバロックダンサーの姐さんと話してて話題にすると、彼女も食いついてきた。
彼女と私は、彼女曰く「音楽友達」、私曰く「飲み友達」(笑)
リコーダーやダンスでお世話になってるが、この手の話を飲みながらできる貴重な友人。
いつぞやのダンスの打ち上げの時に、ゆっくり飲みたいね~、という話で意気投合し
最終的に「サント・コロンブで飲みましょう」ということに相成った。
[PR]
by chocolat_13 | 2005-05-03 00:04 | 食べもの・お酒 | Trackback | Comments(2)

カフェと古楽と着物好きの   お気楽ガンバ弾きの日常です。 


by chocolat_13
カレンダー