2005年 05月 26日 ( 1 )

密やかなエール。

先日、会社を辞めた子がひとり。
彼女とは、一時期とっても仲良くしてたことがある。
私が受付で彼女が作業。 連携作業をしてた時期、いつもつるんでお昼を食べたり
帰りにご飯を食べに行ったり、温泉に行ったりしたことも。。。
ギャグやバカ話や会社の不満、鬱憤などを愚痴りあったり・・・・。

なのに、いつの頃からか突然、間がぎくしゃくしたかと思ったら、あっという間に関係は無になってしまった。
悪化?なのかな? でも、喧嘩らしい喧嘩はしてない。
単にお互いに存在を無にしてしまった、そんな感じ。。。

何が原因だったのか、私の方ではさっぱりわからない。
結構気難しい人ではあったので、知らないうちに何か気に障ることをしていたのかも。。。
私の方からは何度か歩み寄りを試みたが、つっぱねられたままうまくいかなかった。
私も短気なので、そこまで折れてもダメなら知らん、と 以降全く目も合わさなくなった。

彼女の退職は本当に急だった。
私は辞める数日前に、他の同僚が教えてくれたので知ったけど、
関連部署ではない人は、辞める当日の挨拶で知った人も多かったろう。
世渡りの上手な人ではなかったので、人と衝突をくりかえした挙句、自分の殻にこもることが多かった。
最後の数ヶ月、痛々しいくらい顔に張り付いた、笑ってない笑顔。。。
でも、もう私にはどうすることも、何を言うこともできなかったのだ。

b0057825_025762.jpg
まだ仲がめちゃくちゃ良かった頃、勉強のために彼女が貸してくれた本が数冊、
返せずにタイミングを失ったまま家にあった。
ばっくれて返さないわけにもいかないけど、今更どう言えばよいのか・・・、、、
結局、本を袋に入れてメッセージカードに短い言葉だけ。
席に行ったときには彼女はいなくて、机にそっと置いてきた。 
多分、会いたくないだろうと思って。
書置きのメモを書いていて、ふいに感情の塊がこみ上げてきて涙ぐみそうになる。。。
一時、この本を借りた頃は、あれほど仲睦まじかったのに、と思うと不覚でたまらない。
一体、何がいけなかったのか。。。

人は、自分では理解しがたいことを超えて、それでも生きていかなきゃならないんだな、
なんて、ちょっとブルーになった日。
もう会うことはないであろう彼女に、密やかにエールを。
[PR]
by chocolat_13 | 2005-05-26 00:20 | 日常 | Trackback | Comments(4)

カフェと古楽と着物好きの   お気楽ガンバ弾きの日常です。 


by chocolat_13
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31