<   2006年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

passion

先週は、火曜日にバリトンのリサイタルに出掛けた後は、
木曜日、アマチュア合唱団の「ヨハネ受難曲」を聴きに北一条教会へ。

"passion" という英単語には、「情熱」という意味のほかに「受難曲」の意味もあります。
「ヨハネ受難曲」は英語では"St. John's passion"
ヨハネという人名とJohn が結びつかず、passion のもう一つの意味も知らなかったので、
ロンドンにいた頃は、しばらくこれが「ヨハネ受難曲」のことだとは知らずに、
コンサートガイドなんかをチェックしていました・・・(^^;)
だって、ヨハネはJohn だし、マリアはMary ・・・。
何か普通の人みたいですよね・・・(笑)

さて、肝心のコンサートですが、なかなか面白かったです。
随分昔、マタイもヨハネもコンサートで聴いたことがあったハズですが、
マタイはとっても面白くてヨハネはどうも・・・だったような記憶がありました。
(曲が云々ではなく、自分の好みに合う合わない、というレベル?)
ので、今回のコンサートもどうかな?と思いつつ出かけたのですが、
今聴くと面白かったです。
アマチュアであれだけ歌えたら気持ちがいいだろうなぁ~、と思うくらい
達成感が感じられる曲ですね、きっと(^^)
ガンバのソロもありました。 
オリジナルは2曲だそうですが、もう2曲アレンジしてたよう。
マタイはかなり管が活躍して楽しいイメージがあったのですが、
ヨハネも器楽の演奏、結構面白かったです。
歌詞の和訳がスクリーンで出ていたのですが、それを読んでるのも面白かった。
福音書って、物語を読んでるみたいで案外面白いものですね。
学生時代、ちゃんと読んどけば良かったです(^^;)

終演後は、ガンバ友達とご飯に。
そば居酒屋でお酒を飲みつつ、居酒屋メニュー。 なかなか美味しかった!
蕎麦やには何故か日本酒、だそうですが、
こちらの蕎麦居酒屋さんも日本酒に力を入れてるとのことで、久しぶりに飲んでみました。
美味しかった~。
私が頼んだ長野のお酒も美味しかったけど、友人の頼んだお店の方オススメの山梨のお酒、最高に美味しかった! すごく飲みやすくて、全然酒臭くない!
「ささ一」だったかな?
お酒で失敗するのは決まって日本酒(笑)なので、警戒しつついただきましたが、
ビールの後すぐ日本酒で〆たので、翌日にも残らずOK!
チャンポンが一番良くないのかもしれません・・・(^^;)
[PR]
by chocolat_13 | 2006-06-26 22:20 | 音楽 | Trackback | Comments(12)

終業後。

週明け早々、気が重い業務が立て続けに入っていたので、かなりユーウツ。。。
月・火でそれも無事(?)終了! 昨日は午後から気が晴れた~。
そして夕方には、早めにそそくさとあがり、コンサートへ(^^)

場所は街中のザ・ルーテル・ホール。
札幌ご出身のバス・バリトンの方のリサイタルコンサートだったのだけど、
伴奏に先月もコンサートのあった福沢先生がいらしたので、見に行ってきました(^^)
先生のお弟子さんの方もテナー・ガンバで参加してらして、ガンバが2台。
不思議な編成・・・。 
Vn2本にガンバ2本(テナーとバス)、そしてチェロとオルガン、とな。
どうやらガンバ2本は元々はVaパートのよう。
Vnには札幌ご出身の川原千真さん。 とても素敵なVnでした~!
(一昨年、バッハの無伴奏でのコンサートを見に行きましたが、素晴らしかったのです!)

プログラムは北ドイツのオルガン楽派の作曲家たち、と、
普段あまり聴く機会のない曲ばかりでした。
(シュッツ、シュメルツァー、ムファート・・・は聞いたことはあるけど・・・、
聴いたことはありませんでした(^^;) 他の作曲家たちは全然知らない・・・)
でも、歌も素敵だったし、器楽だけの曲が2曲あったけど、それも良かったのだ!
(特にシュメルツァーの短調のソナタは素敵でした!)
終業後に音楽を楽しむ・・・、理想的です(^-^)

今週は何故か、もう一つコンサートが入ってます。
こちらは教会でヨハネ、とな。 
札幌ご出身のガンビストさんも登場されるので、足を運ぶつもりです~。
とても楽しみだけど、続くと懐が寒いです・・・(^^;)
(週末にも友人の出演するアマオケのコンサートが・・・。 あー、どうしよう。。。)
[PR]
by chocolat_13 | 2006-06-21 21:58 | 音楽 | Trackback | Comments(4)

悲しい曲。

フランス音楽では、亡き人を偲んで作る「トンボー」という種類の曲がある。
有名どころでは、「クープランの墓」の誤訳で通ってるラヴェルの曲。
マレのヴィオル曲には、4つのトンボーがあるそうだ。
「サント・コロンブ氏のトンボー」、「リュリ氏のトンボー」、「メリトン氏のトンボー」、
そして「マレ・ル・カデのトンボー」
先日のフェスティバルの公開レッスンでこの話を聞いたのだけど、講師の先生は、
「マレ・ル・カデのトンボー」のことを「とても悲しい曲」とおっしゃった。

マレの師匠である「サント・コロンブ氏」と「リュリ氏」のトンボーは超有名曲で、
色んな方の録音がたくさん手に入る。
「メリトン氏」のは、その日の演奏会の演目だった。
「マレ・ル・カデ」のは聴いたことが無かったし、曲の存在も何となく聞いた程度だったので
このコメントには大いに興味をそそられた。 (と見えて、メモに曲名が書かれていた)

先日、探し物をしていてマレのCDをひっくり返していて、この曲の入ったCDを見つけた。
早速聴いてみたのだが・・・。

"Marais le Cadet" とは、「若いマレ」 つまり息子マレのことだ。
自分の息子を亡くしたマレが、彼のためにトンボーを作ったということ。
始めから終わりまで、ただただ悲しい。
他のトンボーに比べて、格段に悲しみ一色な感じだ。
しかもとても生々しい悲しみ。
サント・コロンブ氏やリュリ氏のトンボーは、とても整然として美しく透明で、
音楽の体裁が整っている、という印象がする。
でも、こちらのトンボーは感情の嵐、感情の渦、という感じだ。
月並みだが、マレはこの曲を書いていて、本当に悲しかったんだろうなぁ、と思う。
肉親を亡くした時の心情。
慟哭。 むせび泣き。 思い出しては唇をかむ。 胸の奥がうずく。。。
そんな状況が目に浮かぶよう。
マレがこんなに感情をむき出しにした曲は珍しいのでは、と思う。

人間マラン・マレに触れたような気がして、今までよりもマレという人に親しみを感じた。
[PR]
by chocolat_13 | 2006-06-18 00:01 | 音楽 | Trackback | Comments(6)

円山散策。

もう随分前になりますが、今月始めの週末は会社の健康診断オプション。
土曜というのに、円山の病院に出かけてきました。
お休みの日に健康診断なんてちょっと面倒ですが、
指定病院が会社から遠くて、就業中の行き来が面倒。
円山だし、散策がてらいっか、と土曜日にしちゃいました(^^)

検診は例の気の合う同僚も一緒でしたので、終了後は円山をぶらぶらして来ました。
b0057825_510640.jpg

先ずはお茶を、ということで、カフェ「森彦」へ。

b0057825_518279.jpg
2階の階段近くの席へ通されました。
吹き抜けから見下ろすカウンターの様子。
私たちが頼んだものを作ってくれているみたい(^^)

b0057825_5175654.jpg
古い一軒家を改造して作った
このカフェ。
2階の窓から見える木立の眺め。
いい感じだ。


b0057825_14323442.jpg



頼んだメニュー。
私は朝から何も食べてなかったので、
ドイツパン風のフルーツパンにコーヒーで。
友人はシフォンケーキに水出しコーヒー。
なかなか美味しかったのだ(^^)


森彦を出た後は、ふらふらと円山を散策。
パン屋を覘いたり、雑貨屋をひやかしたり、食料品店で品定めをしたり・・・(笑)
そのうち、友人が用事があるとのことで、解散。
まだ日は高いので、11丁目の方まで散歩。
裏の狭い仲通を中心に歩いていくと、なかなか面白いものなんかも見れて
楽しい(^^)
この日は本とに天気が良かったので、目的のない散歩にはうってつけ。

15丁目のリサイクル着物ショップに寄ってみると、残念ながらクローズ。
最近街中にも支店を出したので、そちらに力を入れたいと、しばらく本店は休業らしい。
残念×××

森彦では軽いお茶メニューしかなかったので、空腹をかかえた身にはちと物足りない。
ので、もう一軒カフェに寄っていく。
18丁目界隈には好きなカフェが数軒あって、そのうちどこか、と思ってたのだけど
ふと、11丁目にあった雑貨屋・カフェが移転したという話を聞いてたのを思い出した。
フランス雑貨とフレンチ風メニューの素敵なそのお店は、
わりとランチや軽食メニューも豊富だったので、お散歩がてら新しい店舗へ。

b0057825_14454190.jpg

11丁目から植物園の裏手をずっと北上していく中途半端な場所に
ありましたー、Acajoe です。
テラス席なんかもあって、新しい外観もパリのカフェっぽくていい感じ(^-^)

店内は中途半端な時間のため、がらがら。
以前の店舗よりかなりスペースは広くなってるけど、雑貨屋的要素が薄まって
バーのようなカウンターがある、パブみたいな感じになってた。
これはこれで、いい感じ(^^)

b0057825_14481493.jpg
窓際の席について、注文。
ランチメニューがまだ頼めたので、
チキンのソテーランチを。
休日だし、グラスワインを付けちゃおう(^-^)

b0057825_1448575.jpg
ここのランチ、めっちゃ美味しかったのだ! ビックリ!
以前の店舗でも、キッシュとか結構美味しかったとは思うけど、こんなに美味しかったっけ?
自家製パンがびっくりするほど美味しかったのだ!!
満足度の高いお食事でした。



b0057825_15056.jpg
帰り道は、のんびり散歩がてら11丁目までもどりました。
夕方になるとさすがに風が冷たくなってきます。
散歩途中には、札幌市の花でもあるリラの花が
たくさん咲いてました。
上品な藤色、いい感じです(^-^)
[PR]
by chocolat_13 | 2006-06-17 15:03 | 日常 | Trackback | Comments(2)

至福のとき。

レッスンからこの方、新しい曲を練習し始めた。
楽しい~(^^)
まだ全然弾けてないんだけど、日々ほんの少しづつ、
前の日より弾けるようになってくるのを実感できると、もうもう楽しい!!

今までよりちょっと難しい曲。 今年の目標。
音源を(多分・笑)持ってない曲なので、
最初はどんな曲なのか、さっぱりわからないまま弾く。
やがて2回3回と繰り返すにつれ、何となく曲の相を呈してくる。
ところどころに、とてつもなく美しい音の連なりを見つけたりする。
この時が、一番楽しいかもしれない。
どんな曲が紡がれてくるのか、わくわくする。
特に、譜面を見ただけでは音楽が頭に鳴らない私には、
実際に自分で弾いて音が紡がれていく瞬間は、最高に楽しくて素敵だ!
ずっとずっと、もっともっと、と思っては、飽きずにくり返して弾いてみる。
お気に入りの美しいフレーズに差し掛かると、うっとりする。
麻薬のように危ない。

演奏はうっとりとは程遠いのだけどね・・・(^^;)


宝物を見つけたかのような、至福のとき。
これだからやめられない。
[PR]
by chocolat_13 | 2006-06-14 02:03 | 音楽 | Trackback | Comments(8)

谷中探訪 2.

さてさて、朝倉彫塑館を出た後は、のんびり平日の谷中の街をお散歩。

b0057825_2247347.jpg
昔ながらの街並みが並ぶ狭い通りをのんびり歩くのは、
何とも言えず爽快(^-^)
道の狭さは北海道人からしたら驚異的(笑)ですが、
風情があっていいですね。


b0057825_22521364.jpg

あれ? どこかでお会いしましたよね?(^^)
早速、撮影(笑)

b0057825_22484258.jpg
b0057825_22492819.jpg



古くていい感じのお店が並びます。






b0057825_22503239.jpg
こんなお茶目な看板が!!!
可愛い~(^^) 思わず撮っちゃいました!

コレって、「泥棒はここから先入っちゃダメ」っていうこと?
それとも、「ここから先入ったら泥棒」っていうこと??

b0057825_22531962.jpg
このお豆腐やさん、
すっごく惹かれたの~!
「ごま豆腐あります」っていう
貼り紙があったよ。
帰る日じゃなかったら、買って帰ってホテルで食べたのに~!!




立ち寄ったお店は、見事な千代紙が豊富な「いせ辰」さん。
ここでは、私の大好きなぽち袋がたくさんありました!
しかも、小銭用、お札三つ折り用、スタンダードな大きさのもの、と、
色んな形のものが、たくさんの色・柄であって、目移りしちゃう!
お土産用と合わせて、いくつも握り締めてしまいました(^^)


お目当てのお着物やさんが2軒。
1軒は残念ながらクローズしてました×××
もう1軒、月末数日のみ営業のお店では、畳の小上がりに上がらせてもらって
あれこれ試着。 お店のお姉さんとのんびりおしゃべり。
うーん、いい雰囲気(^^)

b0057825_23134740.jpg
渋いグリーンのサマーウールと、
生成り地に紫の唐草が可愛い足袋をお買い上げ。
サマーウールは盛夏の時期に着る薄物です。
白い半幅で合わせてみました。

b0057825_23162048.jpg
今夏、着る機会はあるかな??
ウールだけど透け感が涼しげ。
色も柄も好きな感じです(^^)


・・・というところで、タイムアウト!
この日は午後の飛行機でお帰りだったので、何だか消化不良気味の気分で、谷中の町を後にしたのでした。。。
もうちょっとゆっくりできたら良かったのになぁ~。


日暮里駅を挟んで反対側の地域は、名だたる繊維街だそうです。
ダンスの姐さんが衣装用の布地を買いに行くのはここ。
今度は時間を作って、そちら側ものぞいてみたいな!
霊園も見られなかったし、猫にも会えなかった! (谷中は猫の街なんだそうです・笑)

今度は是非ともまる一日取って、お昼前くらいからとっぷり日が暮れるまで、
お散歩して歩きたいものです(^^)
[PR]
by chocolat_13 | 2006-06-12 23:31 | | Trackback | Comments(10)

谷中探訪 1.

東京滞在最終日は、上野の少し向こうの下町地域、谷中を探訪してきました~。

東京の地理などには全く疎いので、着物雑誌の記事で見るまで
この地域のこと、全然知りませんでした。
その後、色々調べてたらなーんか聞き覚え、見覚えのある言葉や写真が・・・。
何と、いつも色んな記事で楽しませて下さる been there done that のみかさんとこ
谷中の記事が掲載されていて、それをうっすら覚えていたのでしたー(^^)
みかさんがこの記事を書かれた頃は、私は谷中について全く知らなくって、
でも、記事を読んで、ちょっといい感じだなぁ、と記憶の狭間に滑り込ませておいたのが、
ここに来て見事にリンク(^-^) こーゆうの、楽しいですね♪
というわけで、みかさんの記事にTBさせていただきますね!

さてさて、平日に訪れた谷中の町は、本当にのんびりした感じですっかり魅了されました!
b0057825_855369.jpg

駅から出て、ゆるい坂を上ります。 霊園がある地域だけに、緑も多い(^^)
この地域、以前は幸田露伴の小説「五重塔」で知られる塔があったそうですが、
火事で消失したそうな。
露伴の旧家屋というのがあるそうですが、ちょっと見つけられませんでした。
幸田文さんのエッセイに、少し「五重塔」にまつわる話がありました。
縁の土地のようです。

b0057825_1082181.jpg
先ず向かった先は「朝倉彫塑館」
彫刻家、朝倉文夫氏のアトリエ兼住居だったものを
美術館にしたもの。

b0057825_10122774.jpg
館内は撮影禁止。 裏庭の様子。

1Fでは、氏の作品などが展示されていて見学できますが、
朝倉氏は住居や造園などにも、
独特のセンスを発揮されて住いを造られたよう。

古きよき日本家屋に静謐で美しい池の中庭、モダンな屋上庭園、洋窓、など、
建築としても本当にステキなところです。
静かな館内では、何もしないでぼーっとしているだけで、
あっという間に時間が経っていきます。
以下、訪問時に気に入ったものたちや、感じたことごと。

白地に青絵の陶器の椅子
大きい硯
黒いフナ 白い魚 紅白の魚
風 ゆれる木 落ちる木の葉 水の音
水調のモーター音 ヘリコプターのプロペラ音 工事のチェーンソー音
花瓶 根付 茶碗
陶器のかけらで作ったバラ
木立に垣間見える池の水面 水音
李朝の白磁壺 白い塗り壁 ちょっと黄味がかった
アルコーブ
大きな水瓶 植木鉢 壺 形は似てるのに違う呼び方
茶色の茶壷 ルソンの茶壷
猫の間 たくさんの猫たち
よく獲たり 愛猫病めり 親子猫 餌食む猫 吊された猫
屋上庭園 温室 蘭 上は空
レンガの塀 色褪せた つた 黒いドア
かわら かわら かわら ・・・ 小さい家々 お寺
・・・・
[PR]
by chocolat_13 | 2006-06-11 10:29 | | Trackback | Comments(8)

レッスン後会食。

レッスンの後、夕方には、ブログのお友達「やまねの部屋」のeri さんと
ご飯をご一緒することになっていました(^-^)
しかし、前記のような状況でしたので、レッスン時間が予想よりも大幅にずれ込み、
急きょ、楽器持参のままレッスン後直行の待ち合わせに変更。
eri さんには、せっかくなのだからゆっくりみてもらってください、などと
あたたかいお言葉をいただきました。
すっかりご迷惑おかけして、申し訳ありませんでした(^^;)

eri さんとこでは、いつもグルメでお洒落な記事が多く、
そこで見かけたおいしそうなお店に是非お連れいただきたい!と思っていたのですが、
あいにく定休日、というのが多くて残念!
でもさすがeri さん、この日お連れいただいたお店も、素敵においしいフレンチで、
気取らないカジュアルな雰囲気満点の、良いお店でした(^^)

b0057825_7271087.jpg
アミューズですが。。。 あんまり何だったか覚えてない・・・。
美味しかったんだけど(笑)

b0057825_7304047.jpg
前菜です。 色とりどりでキレイ!
有機野菜と鮮魚のマリネとな。
バジルと黒オリーブのソースがけで、
こっくりした味! 
オリーブ大好きなので、美味しかったです!


お会いするのは初めてでしたが、チェロ弾きのeri さんとは、
同じバス楽器ということで、随分同胞意識をお互いに持っている(と思う・笑)のです。
ブログ仲間の方には、数名の方と実際にお会いすることができましたが、
皆さん、コメントなどを通してやりとりがあるからか、
お会いして普通に話が進むので、何だか不思議です(^^)
特にこの日は、私はレッスンの直後、eri さんはお待ちかねのスピネット到着直後と、
お互い多少興奮気味?
レッスンの話やお仕事、音楽、楽器など、話が尽きることなく、
あっという間に時間が過ぎていきました! うーん、早い!!

b0057825_732522.jpg
メインは肉!(笑) 仔羊鞍下肉のローストにしてみました♪ 
ラタトゥイユ敷きで、ボリュームも満点!
見た目もきれいだけど、食べても美味しい~!!
肉好きには最高の一品(^^)

b0057825_7334884.jpg
デザートはりんごのショソンアイス添え。
美味しそうでしょ?
甘みも抑え目で美味しかったのだ!





美味しいご飯と楽しい会話、素敵な雰囲気、と、
eri さんのおかげで、本とに素敵でグルメな東京の夜を経験できました!
前数日は体調を崩されていたというのに、おしてご一緒いただいたeri さん、
体調不完全ということでお酒は控えてらっしゃいましたが、
実際は結構飲める方なはず!(笑)
今度は是非、おいしいワインを飲みながら、また色んなお話をしたいものですね!
[PR]
by chocolat_13 | 2006-06-10 07:55 | | Comments(8)

lesson de viole

さて、今更ですが、東京滞在記の続きなと。
マレ漬けの3日間を過ごした後は、さすがに魂が抜けた感じ(笑)
楽しみにしていたイベントが終わった後って、そんな感じですよね。
とんぼ返りももったいないし、と、休みをとって少し余計に滞在してきました(^^)

フェスティバルの翌日は、午後からレッスンを入れてもらいました。
東京へ行く機会もそうそうないので、折角の機会は有効活用したいものです。

レッスンは相変わらず素晴らしかったです。
私のような初級者にも、とてもわかりやすく教えていただき、
毎度のことですが、目からウロコが連発!!
一人で弾いてて気がつかずについてしまった癖は、レッスンの時にいつも指摘されます。
今回は、右手のひじと弓の動かし方にチェックが。
前回チェックされたところは、今回はあまり言われませんでした♪
あと、弓順も随分良くなった、と言われ、ちょっと嬉しい。
弓順は、前回結構注意されていたのですが、あまりレッスンに伺っていなくても
そういうことを少しでも覚えていてくださるのだなぁ、と、妙に嬉しかったりして(笑)

今回は、前回見ていただきそびれたanon.のフレンチ曲集から、
Saraband, Gavotte, Menuet を。
いつも弾きずらい、と思ってるところは やっぱりすかさずお言葉があります(^^;)
重音の弾き方とか、指の置き方とか、弓の量の使い方とか、、、
本とに一人でやってて??と思っていた部分が!!となったり、勘違いしてたり、と
やっぱりレッスンって貴重だなぁ、と 改めて痛感(>_<)
これを糧に、また地道に頑張ろう、とファイトが湧きました!

この日の先生は結構時間に余裕があったようで、前に入ってたレッスンの方も交えて
お茶の時間も取って下さいました(^-^)
お忙しい先生なので、前回伺った時などは前後にびっちりレッスンが入っていて、
本とにきっかり1時間、分刻みのスケジュールのようだったのですが、
今回はフェスティバルの直後で一息ついたようで、時間にも余裕があったよう。
貴重な楽しいお話をたくさんお聞きできて、夢のような一日でした(^^)
[PR]
by chocolat_13 | 2006-06-10 07:12 | 音楽 | Trackback | Comments(4)

ご臨終。

うちで愛用しているオーブンレンジは、大学生の頃に購入したもの。
使い続けて、かれこれ○年になる。
1年以上前に、突然レンジ機能が壊れた。
お弁当をチンしても、全然あったまらなくなっちゃったのだ(*_*)
しばらく電器屋さんで物色していたのだけど、
色々迷っているうちに、チェックしていた機種がみな廃番になってしまい、
すっかり買いそびれてしまった××× 

そうこうしているうちに、レンジのない生活にもすっかり慣れた(笑)
レンジが壊れただけで、オーブン機能やトースター機能は健在だったので、
週末のパンを焼くのも、たまにケーキを焼くのも、何の支障も無い。
お弁当をお店であっためてもらうようにしたら、別にレンジがなくても不便じゃなかった。
うちの暮らしはレンジもビデオも無い生活、リモコンのないテレビを使う生活、
レトロでいいかも(^^)なんて思っていたのだけど。。。

先週末、ついにオーブン機能もイカれた!
パンを焼いて、焼き上がりを取り出してみたら白いまま・・・。
うーん、コレは困る! 週末にパンが焼けないのは、とっても困る!
レンジがあってオーブンが無い方が、私にはイタイ×××

・・・ということで、ついに買い替えの決断をしなければならない時期が来たのだ。
今度の休みに物色しに行こうか・・・。
[PR]
by chocolat_13 | 2006-06-06 22:20 | 日常 | Trackback | Comments(12)

カフェと古楽と着物好きの   お気楽ガンバ弾きの日常です。 


by chocolat_13
カレンダー