粋な恋愛模様

暮れ正月は暇があるため、本でも読みたいと思いたった。
生憎、年越し前に本屋で調達できたのは雑誌だけ。
いざとなると大量の本を前に、当りもつけずに一冊選ぶ、というのは、
難しい技、と痛感。

実家には、学生の頃に買って読んでいない本や、読み止しの本などが山とあるのだが、
ふと母の洋裁・料理の実用書が並ぶ書棚を見遣っていて、
何の気なしに抜き出して読み始めた本が当りであったのは、嬉しい誤算。
それが、中里恒子「時雨の記」

現代からは一昔前、と感じるような文体・風景が郷愁を誘う、大人の恋愛を描いた非常に粋な小説。
読んでいる間中、私の方まで至極嬉しかった。
40代の未亡人と50代の細君持ちの話なので、いわゆる不倫の関係ということになろうが、
どろどろ感は微塵もなく、飄々とした雰囲気の中にふたりの絶妙のやりとりの具合が、
淡とした語り口なのに温かく紡がれていて、ふとした拍子に笑みを浮かべたりほろりとしたり。。。
文体も不思議な調子で、句点の多用、語り手が頻繁に変わること、語調の不統一など、
はじめ少し読みづらかったのが、慣れてくると味がある文章だと思える。

私にとって何がツボかといえば、茶道具や掛け軸、瓶、皿などの道具類の話や、生活の中でちらりと垣間見えるテイストやエッセンスのようなものが、とても優雅に嫌味なく物語の中に織り込まれていること。
男はものなり人なりを一通り見てきており、良し悪しや自分の好みをすっかり確立している。
そして、特に意識せずとも女が生来持っている好み、テイストが、男の良しとするものに一致する。
そういう感覚的な一体感が、主に道具に関するやりとりや生活の中のふとした配慮などによって語られていて、
そこが大変魅力。

全くもって、男のような人となりや趣味の男性は素敵だと思うし、女の生き様は私の憧れる様であり、
ふたりのような関係をずっと保っていけたら、理想的のように思える。
新年早々、良い本にめぐり合えて、ちょっと嬉しい。
[PR]
# by chocolat_13 | 2005-01-04 01:06 | 本・映画 | Trackback(1) | Comments(0)

ななめの犬

今朝、ななめの犬を見た! ラッキー。
ななめの犬、と私が呼んでいる犬は、たまに朝バスを待ってる時に
バス停近くを散歩しているご近所の白い犬だ。(小型犬)
初めて見たときに、たたずむ姿がななめにかしいで立っていたので、「ななめの犬」(笑)
真っ白で、顔は愛らしいわけではないへちゃむくれ顔だけど、愛嬌があって可愛い。
ななめの犬は、のんびり屋さん。 少し歩いては立ち止まり、考え込んでるようなポーズをとる。
立ち止まってたたずんでる時に、例のななめのポーズをするので、
首をかしげて考え込んでいるように見えるの(笑)
いつも会うときは、往来の激しい道路を渡って向いの道の草むらを歩いているのだけど、
ななめの犬はそんな調子なので、道路を渡るときはいつも飼い主さんが抱き上げている。
(飼い主さんはお母さんの時とおじさんの時がある)
そして反対側に渡って草むらに着くと降ろされて、またのんびり散歩を続けるのだ。

ななめの犬を見た日は、朝からちょっと嬉しい(^-^)

<本日のご飯>
・朝: アクエリアス(昨日ボジョレーをご馳走になって、すっかり二日酔い)
・昼: 炭焼きつくねご飯弁当(おいしかった)
・夜: 讃岐うどん

・おやつ: キットカット

<本日の通勤BGM>
Leclair: Complete Flute Sonatas Vol. 1
Fl: B. Kuijken Vdg: W. Kuijken Cem: Robert Kohnen
ルクレールと言えばVn.だけど、フルートの曲も良い。
昔、モダンフルートを吹いてたことがあって、一時期フルートの曲をよく聴いてたけど
最近はぱったり聴いていなかった。 
久々にこのフルートの曲を聴いて、フルートという楽器も良いなぁ、と改めて思った。
元々は、通低にガンバが入ってる曲を色々聴きたくて借りてきたものだったのだけど、アタリ!です。
[PR]
# by chocolat_13 | 2004-11-25 00:27 | 日常 | Trackback | Comments(0)

はじめまして。

つい最近、ブログなるものの存在を知りました。
わりと手軽にホームページ(もどき?)が作れるみたいなので、どんなものか、試しに作ってみよう。。。
ということで、喫茶と音楽が好きなショーコの日記や日々の雑感のページです。
他に本や映画のことなど、その日その日で気ままに更新していければなぁ。

イマイチ使い方がよくわからないうちの見切り発車ですので、試行錯誤があるかと思いますが、
よろしくお付き合いください。
[PR]
# by chocolat_13 | 2004-11-03 23:26 | ひとり言 | Trackback | Comments(0)

カフェと古楽と着物好きの   お気楽ガンバ弾きの日常です。 


by chocolat_13
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30