休日雑感。

休日も終わり、明日からまた仕事。。。
はぁ、楽しいときはあっという間に過ぎるものだなぁ。

リコーダーの練習に始まって、
お着物屋さんでのお買い物、本日はガンバのレッスン。
読書も少々、お酒も少々、
うん、この休日は、なかなか充実していたではないですか♪

お着物屋さんでは帯まわりのお買い物。
ブルーとベージュベースの和更紗の帯にこげ茶の帯揚げ、
アンティークボタンの帯留めにオリジナル三部紐と、
帯まわり一式が不思議に合うものが次々と出てきて、もうこうなると出会いですよね!
あまりにもピタリと合うので、こういう時は私も店主の方も嬉しくなってきちゃいます。
久々に満足度の高いお買い物でした~(^^)
こういうお買い物ができた時って、少々値が張っても思い切れるし、
後ろめたさもあまり感じません。
お支払い時に苦しむのかもしれませんが・・・(^^;)
そのうち、お披露目できるといいな♪

ガンバのレッスン、こちらで演奏会のあったお若い先生に、
8月に続き、見ていただくことができました。
こちらでは本とに稀な機会なのでいい刺激になります。
8月はマレの組曲から"Rondeau" と"Gigue"を見ていただきましたが、
今回は"Gigue" の再トライと"Caprice" をば。
どちらも軽快なテンポの曲だったので、結構キツかったです(^^;)
弦と弓のコンタクトと安定した弓の返しが当面の課題。。。
[PR]
by chocolat_13 | 2007-10-09 00:20 | 日常 | Trackback | Comments(4)

bonne danse

先週日曜日、大通りのbonne danse に行ってきました!
「良いダンス」ではありません、「盆おどり」ですよ~(^^)

b0057825_20522537.jpg

夏着物を着れるのも今月まで、というわけで
やっと手に入れた憧れの麻の着物で出かけました(^^)

b0057825_2194873.jpg
帯まわり。 気に入りの麻の帯に三部紐と帯留めで。
帯の色と着物の縞の色が合って、なかなかいい感じです。

b0057825_21114366.jpg
この日は全身麻づくめ♪
麻の着物に麻の帯、
足元は麻の足袋に亜麻の草履です。
亜麻は麻よりも柔らかい素材、この草履は普段履き用に作られたものなので、かかとも低めだけど、
ちょっと鼻緒がゆるくて歩きづらいなぁ。


b0057825_2056175.jpg
盆踊りは今年で2回目! 
ダンスの姐さんも浴衣姿で出陣♪
盆踊りの前に、フリマをひやかして、プチビアガーデンへ寄って腹ごしらえ。
ビールとから揚げでかんぱ~い!

b0057825_2115815.jpg
会場にはこんなワンちゃんもパトロール中!
おとなしくて可愛かったのだ~。


さて、ビアガーデンで飲みながらおしゃべりしていると、
隣の会場からは子供盆踊りの甲高い歌声が聞こえてきます。
天気も良くて少し蒸すくらいの暑さで、気分も盛り上がります♪
この歌、好きなんだよね~(笑)

会場にはさすがに浴衣姿の人がたくさんいて、なかなか風情がありましたよ。
男の人も浴衣姿の人が多かったです。
渋いお爺さんの浴衣姿、堂に入っててカッコよかった!

b0057825_21241635.jpg
ちとボケ気味ですが、写してもらいました♪

b0057825_21191160.jpg
ナント、今年は引っ張られて北海盆歌を踊るハメに~(^^;)
後ろから姐さんが激写した踊る私(笑)
振り付けなんて知らないから、見よう見真似×××
でも、ちょうど前で踊ってた女性がすごく上手!で、ほとんど彼女の踊りを真似てました。

こんな時にバロックダンスの練習が役に立つなんて!
万年初級の私は、練習会でもレッスンでも、
いつも先生や先輩の踊りを横目でチェックしながら踊ってるので、
ここではそれが役に立ちました(笑)
私は1周だけ踊ったけど、さすがダンスの姐さんは元気に4周くらい踊ってました(^^)


楽しんだ後は、キリよくビールと焼き鳥目指して居酒屋へGO!!
給料日前で安居酒屋なれど、おいしかった~。
今年は仮装盆踊りは、この翌日の月曜日だったので見れずにザンネン!
でも、意外と楽しい盆踊り、街中でやるっていうのがポイントなのかも(笑)
また行きたいなぁ!
[PR]
by chocolat_13 | 2007-08-21 21:31 | 着物・和 | Trackback | Comments(8)
年末の話ですが、ようやく我が家にも桐のチェストがやって来ました~(^^)

b0057825_22305316.jpg

じゃーん、コレです! なかなかいい感じデショ?
母が着物も置いてるリサイクルショップで見つけた一品。
かなり作りがペラい感じなので、おそらく通販で売っているようなものだと思うのだけど、
それにしたって、かなり格安!で手に入れられました。
私が着物の収納用に何かほしい、と言っていたので、母が見つけた時に連絡をくれて、
検討中だった某通販サイトのものと見比べて・・・1/3くらいのお値段だったので、
購入しておいてもらったものです(^^)

b0057825_22362290.jpg
せっかく手に入れたのだけど、いかにも和ダンスな感じ(特に取っ手あたり・笑)が部屋に馴染まなそうなのと、スペース的に入らなそうだったので、しばらく実家に置きっぱなし。
取り急ぎダンボールの衣類収納箱を購入して使っていたのだけど、結構深さがあるものだったので、先日着物を出したらちょっとシワになっていたのを発見!
コレはまずい・・・?と思い、頑張って部屋を整理して、
親が札幌に来るついでに運んできてもらいました。

入れてみると、心配は杞憂に。
思ったほど違和感はないし、色味も白いからちとモダン風? 
高さはないから案外邪魔じゃなく、桐だから軽いので自分で移動もできます。
ちょっとお茶するのにちょうどいい高さだし(白いから気を使いますが)、ものを飾るにもちょうどいい!
買い込んでディスプレイスペースのなかったものを飾れてラッキー(^^)↑

引き出しがたくさんありますが、一段がとっても浅いため収納容量的にはイマイチ。
でも、着物は長さがあるので深さがあると出し入れがしにくいため、浅い方が正解、
ものの造りには、ちゃんとそれなりに理由があるものなのですねぇ。
今までの収納箱だと、サイズ的に着物を三つ折にしないと入らなかったのですが、
こちらだと二つ折りでもOKです。
三つ折にしてると折り目がシワになりやすいというし(実際シワになってた ^^;)、
その点でもちょっと安心です。


b0057825_22461570.jpg
←今のディスプレイ。
先日購入した綿の布を敷いてみました。
この布、ショールにもなるし、こんな風に敷いても可愛いし、
ジーンズの上から腰に巻けばラップスカート風にもなるし、使いでがあります!
結構厚手なのでしっかりしてるし、使い込むほど柔らかくなるそうなので、
楽しみです。
[PR]
by chocolat_13 | 2007-01-08 22:52 | 着物・和 | Trackback | Comments(6)

谷中探訪 2.

さてさて、朝倉彫塑館を出た後は、のんびり平日の谷中の街をお散歩。

b0057825_2247347.jpg
昔ながらの街並みが並ぶ狭い通りをのんびり歩くのは、
何とも言えず爽快(^-^)
道の狭さは北海道人からしたら驚異的(笑)ですが、
風情があっていいですね。


b0057825_22521364.jpg

あれ? どこかでお会いしましたよね?(^^)
早速、撮影(笑)

b0057825_22484258.jpg
b0057825_22492819.jpg



古くていい感じのお店が並びます。






b0057825_22503239.jpg
こんなお茶目な看板が!!!
可愛い~(^^) 思わず撮っちゃいました!

コレって、「泥棒はここから先入っちゃダメ」っていうこと?
それとも、「ここから先入ったら泥棒」っていうこと??

b0057825_22531962.jpg
このお豆腐やさん、
すっごく惹かれたの~!
「ごま豆腐あります」っていう
貼り紙があったよ。
帰る日じゃなかったら、買って帰ってホテルで食べたのに~!!




立ち寄ったお店は、見事な千代紙が豊富な「いせ辰」さん。
ここでは、私の大好きなぽち袋がたくさんありました!
しかも、小銭用、お札三つ折り用、スタンダードな大きさのもの、と、
色んな形のものが、たくさんの色・柄であって、目移りしちゃう!
お土産用と合わせて、いくつも握り締めてしまいました(^^)


お目当てのお着物やさんが2軒。
1軒は残念ながらクローズしてました×××
もう1軒、月末数日のみ営業のお店では、畳の小上がりに上がらせてもらって
あれこれ試着。 お店のお姉さんとのんびりおしゃべり。
うーん、いい雰囲気(^^)

b0057825_23134740.jpg
渋いグリーンのサマーウールと、
生成り地に紫の唐草が可愛い足袋をお買い上げ。
サマーウールは盛夏の時期に着る薄物です。
白い半幅で合わせてみました。

b0057825_23162048.jpg
今夏、着る機会はあるかな??
ウールだけど透け感が涼しげ。
色も柄も好きな感じです(^^)


・・・というところで、タイムアウト!
この日は午後の飛行機でお帰りだったので、何だか消化不良気味の気分で、谷中の町を後にしたのでした。。。
もうちょっとゆっくりできたら良かったのになぁ~。


日暮里駅を挟んで反対側の地域は、名だたる繊維街だそうです。
ダンスの姐さんが衣装用の布地を買いに行くのはここ。
今度は時間を作って、そちら側ものぞいてみたいな!
霊園も見られなかったし、猫にも会えなかった! (谷中は猫の街なんだそうです・笑)

今度は是非ともまる一日取って、お昼前くらいからとっぷり日が暮れるまで、
お散歩して歩きたいものです(^^)
[PR]
by chocolat_13 | 2006-06-12 23:31 | | Trackback | Comments(10)
先日読んだ「きもの」の著者、幸田文さんの娘さんである青木玉さんのエッセイ、
母・幸田文、祖父・幸田露伴の思い出を伴うもので、なかなか面白く読めました(^^)

高名な文人の私生活、人となりって、誰でも気になるものだと思いますが、
この本では、主に幸田文さんにまつわる思い出が語られています。
著作(「きもの」しかまだ読んでませんが)から伺われる凛とした姿勢が
娘の視点という程よい距離感で描写されていて、興味深かったです。
読むにつけ、幸田文という人は、「きもの」の主人公るつ子であり、
その祖母であったのだなぁ、と実感できます。
この作品は著者の晩年の作品のようですが、かなりに自伝的な部分もあったようで
祖母と孫の距離感のバランスや通じてる感が絶妙だったのですが、
どちらも実体験、自分を投影したキャラクターなんだな、と実感すると、
ナルホド、これは晩年ならではの作品なのだなぁ、と思われます。

表題は「幸田文の・・・」ですが、意外と祖父・露伴のことも書かれています。
「箪笥の引き出し」だけに、主に着物にまつわるエピソードが紹介されておりますが、
全くお二方のセンスには脱帽です。
幸田露伴はかなり粋でこだわりの強い方だったようで、
出てくる羽織や帯、小物の話などはとても個性的、
写真も掲載されていますが、とても渋くて品のあるものが多く、感心させられます。
恥ずかしながら、著作は未読なので、今度読んでみたいと思います。
一方、幸田文もとても独自のセンスの持ち主だったようで、
かなりはっきりした好みや主張をもっていたようです。
娘さんの結婚式の衣装選びの話や、結婚式のライトの色味まで吟味した話などは、
独自のこだわりと娘への愛情が感じられて、印象的でした。
ますます惹かれます。 彼女の他の作品も読んでみたいと思います(^^)

青木玉さんは、他にも祖父、母とのことを綴ったエッセイを多数出しており、
折に触れて二人に比べた自分の平凡さ、いたらなさを綴っておりますが、
これは祖父と母に花を持たせる記述であって、おそらくご本人も素敵な方なのでは。
現在その数あるエッセイの一冊、「小石川の家」を読んでおりますが、
こちらの方は、著者の幼少期、ともに暮らした家での生活についての話が中心で、
より普段の生活習慣や日々の出来事に根ざしているものです。
そういう意味では、決して優しい、粋、なばかりではない、生々しい部分が多く、
文人も聖人にはあらず、という感じでなかなか手ごわい一冊です。
それに比べるとこちらの本は、主に着物に焦点をあてているためか、
思い出話も淘汰された美しいものが多く、もっと楽しく気楽に読めると思います。
全編写真も多くて美しいため、素敵な一冊に仕上がっています(^-^)
[PR]
by chocolat_13 | 2006-04-09 11:32 | 本・映画 | Trackback | Comments(0)

「きもの」

着物を着る方なら皆さんご存知の本であろう、幸田文の「きもの」を読みました。
幸田露伴の娘であるという彼女の作品、初めて読みましたが、
(・・・というか、露伴も読んだこと無いのですが・・・(^^;)
コレは確かに、着物好きの人ならハマりますね!

時代は大正。
3人姉妹の末っ子るつ子の生活を通して、当時の暮らしぶりや着物での生活が
存分に描かれており、読み応えがありました。
何といっても、主人公・るつ子とその祖母のキャラクターが秀でている、
の一言に尽きます(^-^)
るつ子は、向こう意地の強い、可愛くない子供なのかもしれないけれど、
るつ子の着物に対する感覚、見目よりも肌ざわり、着心地を追求する姿はとても独特で、
読んでいてどんどん惹かれていきます。
何とっても、幼いるつ子が可愛くて可愛くて!
意地っ張りで素直になれない姿は、まるで幼い頃の自分を見ているようで
はらはらしつつも、ついつい応援してしまいます(笑)
また、るつ子の味方である祖母の含蓄のある言葉、性根の座った根性、
場をわきまえた振る舞いは、身近にいてほしい!と思える存在感。
孫のるつ子に語られる祖母の言葉は、着物初心者の私にとってもタメになるもので、
幼いるつ子と同じ気持ちになって聞き入っていました(笑)
昔は、こんな風に一つ家の中で生活を通して色んなことを教わって身につけ、
自然に次代につなげていったんだろうなぁ、と実感しました。

るつ子の友人たちの描写も秀逸でした。
生き生きと語られる当時の女学校の女生徒たちの会話、
卒業するにあたって進路で悩む様、
卒業してからの友人と自分の差に焦る様、など
自分でも思い当たるようなことがたくさんで、
時代は違えど同じなんだなぁ、とすごく共感しました。

着物が自然に生活に根付いていた頃の話、
銘仙、お召し、縮緬、羽二重、などなど、文中、色んな着物が普通に登場し、
ナルホド、これはこういうものだったのね、と得心がいったりすることしばしば。
セルの着物、なんて、あんまり今では聞かないような言葉も出てきて、??でした。
聞いたことはあっても実際に見たことのないものもあり、想像にも限界があるけれど
言葉の響きや着物の描写などからも多くのことが伝わり、十分楽しめます。
柄や着手との関係なんかについての一節もあり、そういうものか、と納得。
本当に着物を知り尽くしている人が書いているんだなあ、と思います。

それにしても、いくら魅力的なキャラクターとはいえ、時代の制限も垣間見えます。
家族のために耐える様、結婚が恋愛ではなく見合いで決まっていく様、
物が豊富ではなかった頃の我慢の様、などなど・・・。
意外と奔放だったのだな、と思う部分がある反面、
精神的に強い、とはいえ、運命や世間、家族などとのしがらみを甘受する部分もあり、
そこは逆に新鮮。
ヘンな話ですが、「渡る世間は鬼ばかり」なんかのドラマで、
どうにも合点がいかなかった感覚の部分が氷解したような気がします(笑)
なんでそういう発想になるんだ!?と感じることが多かった某ドラマですが、
この本に描かれているような時代を体験してきた方の感覚、
と考えると、何となく納得がいくのです。 不思議。
数年後には、現代の私たちの生き様、考え方なども、
同様に言われるものなのでしょうかね??
[PR]
by chocolat_13 | 2006-03-31 23:45 | 本・映画 | Trackback | Comments(4)

カフェと古楽と着物好きの   お気楽ガンバ弾きの日常です。 


by chocolat_13
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31