谷中探訪 1.

東京滞在最終日は、上野の少し向こうの下町地域、谷中を探訪してきました~。

東京の地理などには全く疎いので、着物雑誌の記事で見るまで
この地域のこと、全然知りませんでした。
その後、色々調べてたらなーんか聞き覚え、見覚えのある言葉や写真が・・・。
何と、いつも色んな記事で楽しませて下さる been there done that のみかさんとこ
谷中の記事が掲載されていて、それをうっすら覚えていたのでしたー(^^)
みかさんがこの記事を書かれた頃は、私は谷中について全く知らなくって、
でも、記事を読んで、ちょっといい感じだなぁ、と記憶の狭間に滑り込ませておいたのが、
ここに来て見事にリンク(^-^) こーゆうの、楽しいですね♪
というわけで、みかさんの記事にTBさせていただきますね!

さてさて、平日に訪れた谷中の町は、本当にのんびりした感じですっかり魅了されました!
b0057825_855369.jpg

駅から出て、ゆるい坂を上ります。 霊園がある地域だけに、緑も多い(^^)
この地域、以前は幸田露伴の小説「五重塔」で知られる塔があったそうですが、
火事で消失したそうな。
露伴の旧家屋というのがあるそうですが、ちょっと見つけられませんでした。
幸田文さんのエッセイに、少し「五重塔」にまつわる話がありました。
縁の土地のようです。

b0057825_1082181.jpg
先ず向かった先は「朝倉彫塑館」
彫刻家、朝倉文夫氏のアトリエ兼住居だったものを
美術館にしたもの。

b0057825_10122774.jpg
館内は撮影禁止。 裏庭の様子。

1Fでは、氏の作品などが展示されていて見学できますが、
朝倉氏は住居や造園などにも、
独特のセンスを発揮されて住いを造られたよう。

古きよき日本家屋に静謐で美しい池の中庭、モダンな屋上庭園、洋窓、など、
建築としても本当にステキなところです。
静かな館内では、何もしないでぼーっとしているだけで、
あっという間に時間が経っていきます。
以下、訪問時に気に入ったものたちや、感じたことごと。

白地に青絵の陶器の椅子
大きい硯
黒いフナ 白い魚 紅白の魚
風 ゆれる木 落ちる木の葉 水の音
水調のモーター音 ヘリコプターのプロペラ音 工事のチェーンソー音
花瓶 根付 茶碗
陶器のかけらで作ったバラ
木立に垣間見える池の水面 水音
李朝の白磁壺 白い塗り壁 ちょっと黄味がかった
アルコーブ
大きな水瓶 植木鉢 壺 形は似てるのに違う呼び方
茶色の茶壷 ルソンの茶壷
猫の間 たくさんの猫たち
よく獲たり 愛猫病めり 親子猫 餌食む猫 吊された猫
屋上庭園 温室 蘭 上は空
レンガの塀 色褪せた つた 黒いドア
かわら かわら かわら ・・・ 小さい家々 お寺
・・・・
[PR]
by chocolat_13 | 2006-06-11 10:29 |

カフェと古楽と着物好きの   お気楽ガンバ弾きの日常です。 


by chocolat_13
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30