週末音楽三昧 1.

この週末は、久々に音楽にたくさん触れられました(^-^)

三連休の週末の始まり、金曜の夜には、ヴィオラ・ダ・ガンバの福沢先生のソロコンサート。
札幌では超!!貴重なガンバのコンサートです。
しかも、通低などが一切つかず、ドソロ・オンリーはなかなか珍しいのでは。

会場はとあるアトリエ兼バー、という、一風変わった場所。
観客は30名強でいっぱいになってしまう小さな空間でしたが、
コンクリートブロック造りで天井が5mほどあるとのことで、
ちょっとゴシックの教会のようでもあり、古楽にはうってつけの場所。
早めに仕事を切り上げ退出させてもらいましたが、会場に着いたのは開演直前。
小さな空間は観客で既にいっぱいで、ナント、演奏される真ん前の席しか空いてませんでした(*_*)
ものすごく近くで見られるのはラッキーだけど、演奏する側もやりにくいのでは???
と思うくらいの近さでした(^^; レッスンとかより手元などがよく見えました)

プログラムはヒュームに始まり、アーベル、ドゥマシ、バッハで締め、アンコールはマレ、と
結構マニアックな感じだったのでは。
少人数のコンサートということで、曲の合間に曲紹介と世間話をはさみながらの進行で、
本とにアットホームでした。
福沢先生、ぶっきらぼうでおっかないイメージがありますが(笑)、
お話しはとても丁寧でわかりやすい語り口で、紳士的でした。


個人的には後半が良かったなぁ。
2日後のコンサートがオケでの演奏なので、440ピッチで弾かれておりましたが、
フランスもののドゥマシやマレは、かなり深い響きでうっとりしました。
バッハは、無伴奏チェロ組曲の編曲ものでしたが、リュートバージョンもあるものだそうで、
編曲はリュートの方を多く参考にした、とのこと。 
ガンバでも全然違和感なく、とても良かったです。

アンコールのマレ、「人間の声」がとっても素敵でした!
マレの曲は全て通低がついているので、ドソロの曲はないのですが、
通低なしでもしみじみとしていて素敵でした。
とても有名な曲ですが、ずっとあんまり意識して聴いていなくて、
最近になって、いい曲かも・・・と思いつつあったのですが、やっぱり素敵でした。
ゆったり心落ち着けて聴きたい曲ですね。
[PR]
by chocolat_13 | 2007-02-12 16:31 | 音楽

カフェと古楽と着物好きの   お気楽ガンバ弾きの日常です。 


by chocolat_13
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30